2011年08月23日

さば味噌煮缶が発掘された。030408と刻印されている様に見える。



これは食べられるか確認する必要がありますね

外観は、中身が漏れているのか、錆びている
缶切りで開けてみると、サバの見た目は普通だ

一口カジってみると、味に問題は無い様だ
もう一口食ってみるか

もぐもぐもぐ

 :
 :
 :

マズッ!

ものすごく鉄臭い!
鯖味噌の味の後に、キョーレツな鉄臭!

腐ってるとかは全然無いんだが、後味が鉄臭くてちょっと食えないカンジ
これはサスガにだめだな
もう1缶、中身が漏れていないのがあるのだが、それもダメかも
posted by お気楽 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

Dayan Guhong 3x3x3のルービックキューブが良すぎ


(前置き:僕は、6面の揃え方は知っている程度で、どっちかというとルービックキューブの造形の方にヤラれている人です)

海外の通販サイトを見ていたら、ちょっと変ったルービックキューブを見つけた

写真のアップを見ると、1つのブロックにそれぞれ隙間がある
(参考写真 dayan guhong | eBay - http://j.mp/qkb8tL)

どうやら、各ピースが色毎に分かれていて、パカっとハメてるだけのようだ。
「おお?これなら日本配色にできるかも」と思った。

一般には余り知られていないが、ルービックキューブの6色の場所は、日本だけ違っている。
青と黄色の場所が逆なのだ。
(参考サイト:triboxストア / パズルの配色について - http://j.mp/qGJQbg)

日本のキューブは白を上にすると、底には青が来るが、海外(というか、日本以外は全部)は黄色。
なので、海外のキューブを輸入しても、慣れた配色で使うには、いきなりシールの張り替えという作業が必要になる。

けど、これなら青と黄色を含むピースのいくつかを分解して入れ替えるだけで日本配色にできる。
値段も$12ぐらいで、日本円で1000円切ってる。
しかも白地が選べる

買うしか無い!

数年前に、スピードキュービング(ルービックキューブの早解き)が流行したとき、スピードキュービングキット(以下SCK)も買いました。
バネの調節が出来るので、軽く回せて、ノーマルキューブとは全然違いました。

しかし、今回買ったDayan Gouhong 3x3x3(以下Guhong)はそれを遥かに凌駕する軽快さで回ります。
しかも、POP(パーツが外れる)しにくい。

SCKは、軽くする為にバネを弱くすると、ちょっと無理な力をかけただけですぐにPOPしてしまう(ただのヘタクソ?)。
しかし、Guhongはそんなにユルユルにしなくてもクルクル回る上に、結構無理な回し方でもPOPしない。一回もしない。
あと、シールがメチャ丈夫。買って一ヶ月程経つが、色落ちや剥がれの兆候すら無い

Dayan Guhong マジオススメ

世界記録のFeliks君も使ってるっぽい?(似てるけど、D​a​Y​a​n​ ​Z​h​a​n​C​h​i​だそうです。コメントで教えていただきました)


いいことずくめだが、ちょっとした難点がある。
センターパーツの蓋にフックがなくて、回しているとだんだん浮いて来るので、たまに軽く押さえる必要があります
これはモノによると思うけどね
posted by お気楽 at 11:41| Comment(2) | TrackBack(0) | キューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。