2011年05月17日

リチウムイオンバッテリーの寿命を延ばす使い方

リチウムイオンバッテリーは継ぎ足し可能なのはみんな知ってるけど、何となく完全放電&満充電が電池に優しい(寿命が延びる)と思いがち
でも実はそうじゃない

ポイントは

- バッテリー容量の20%〜70%の間を使う
- ノートパソコンをACで使う時はバッテリーを外すか、「Smart Battery」などのソフトで充電しすぎない様にする

これはリチウムイオンバッテリーの以下の性質による

- リチウムイオンバッテリーの充電回数は500回と言われているが、それは空の状態から満充電を500回分の充電量という計算で、充電回数自体ではない。
 例えば、20%〜70%というのは丁度、全容量の50%なので、これを1000回繰り返すとメーカー指定の寿命と同等となる

- 20%以下と70%以上のエリアはリチウムイオンバッテリーの寿命を大きく縮める。完全放電や満充電状態が長く続く程、バッテリーは痛む

- リチウムイオンバッテリーには、ニッケル水素電池の様なバッテリー効果(継ぎ足し充電による容量低下)は無い

なので、20%〜70%の間で継ぎ足し充電するのがバッテリーの寿命を長くすることになる
ケータイの電池がいつもキツい人も、帰宅後すぐにケータイを充電器へ乗せずに寝るまで我慢するなどして、出来るだけ満充電状態にある時間を減らす様に心がけよう
posted by お気楽 at 20:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バッテリー効果ではなくメモリー効果では…
Posted by at 2013年05月09日 13:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。