2011年09月19日

Dayan Guhongのステッカーレスってのを買ってみた



実際に買ったのはちょっと前
白素体のGuhongが超気に入ったが、シールが剥がれて貼り直したりするの面倒だから、このステッカーレスいいじゃん!って思って買ってみた。

買ってみて判ったのだが、回し心地が随分違う!
白素体の方はヌルヌルとかスルスルって感じで回るんだけど、ステッカーレスはカラカラとかカリカリって感じ
素材が固い感じ?

いろんなサイトのレビューを見てると、最近素材が固くなったとか、白以外は固いんだとかいう話があるらしい。
これはどういうことだ?
今のうちに白素体のを買っておけという事か?

回した感触がちょっと気に入らないだけで Guhongの良さはそのままなので、十分に満足だけどね。
posted by お気楽 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | キューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

白素体のキューブの白面のシールを黒に貼り替えてみた



白素体のキューブの白面に白ステッカーって何かおかしいよねぇ

なので、黒いステッカーに貼り替えてみた



ウヒョー
カッコイイー
posted by お気楽 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | キューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

このキューブ、ちょっと変ですね。さて、どこが変なんでしょう?

20110815_204107.jpg
http://yfrog.com/h432637315j

まず目につくのが
「青は普通白の裏側だろ?隣り合ってるのはおかしい」
という事です。

ある意味正解です

一般には余り知られていないが、ルービックキューブの6色の配置は、日本だけ違っている。
青と黄色の場所が逆なのだ。
(参考サイト:triboxストア / パズルの配色について - http://j.mp/qGJQbg)

日本のキューブは白を上にすると、底には青が来るが、海外(というか、日本以外は全部)は黄色。

で、僕もこのキューブを見たとき、これは海外配色なのだな!
と思ったのですが、よく見ると更におかしい事が

写真の右下の色が赤なのですが、通常ここがオレンジになるハズなのです。日本配色を持っている人は、白を上、手前を黄色にしてみてください。右手にはオレンジが来るハズです。
(ちょっとこの写真では分かりにくくて恐縮です。オレンジに見えてたらすいません)

これ、大昔にルービックキューブが流行った時に買われたまま、ずっと戸棚に飾ってあったらしいです。
殆ど回された形跡が無く、もしかしたら僕が見つけるまでは6面揃えられた事も無いのでは無いかという状態でした。
当然シールも殆ど痛んでおらず、色が若干くすんでいる以外は新品同様。
回した感じはしっかりしたモノで、本物だと思います。
(本物でも、白のセンターにロゴマークが無いものも当時はあったと聞いています)

当時のインターナショナル配色がこうだったのか、その辺は分かりませんが、今見てみると変な配色で面白いですね。
posted by お気楽 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | キューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

Dayan Guhong 3x3x3のルービックキューブが良すぎ


(前置き:僕は、6面の揃え方は知っている程度で、どっちかというとルービックキューブの造形の方にヤラれている人です)

海外の通販サイトを見ていたら、ちょっと変ったルービックキューブを見つけた

写真のアップを見ると、1つのブロックにそれぞれ隙間がある
(参考写真 dayan guhong | eBay - http://j.mp/qkb8tL)

どうやら、各ピースが色毎に分かれていて、パカっとハメてるだけのようだ。
「おお?これなら日本配色にできるかも」と思った。

一般には余り知られていないが、ルービックキューブの6色の場所は、日本だけ違っている。
青と黄色の場所が逆なのだ。
(参考サイト:triboxストア / パズルの配色について - http://j.mp/qGJQbg)

日本のキューブは白を上にすると、底には青が来るが、海外(というか、日本以外は全部)は黄色。
なので、海外のキューブを輸入しても、慣れた配色で使うには、いきなりシールの張り替えという作業が必要になる。

けど、これなら青と黄色を含むピースのいくつかを分解して入れ替えるだけで日本配色にできる。
値段も$12ぐらいで、日本円で1000円切ってる。
しかも白地が選べる

買うしか無い!

数年前に、スピードキュービング(ルービックキューブの早解き)が流行したとき、スピードキュービングキット(以下SCK)も買いました。
バネの調節が出来るので、軽く回せて、ノーマルキューブとは全然違いました。

しかし、今回買ったDayan Gouhong 3x3x3(以下Guhong)はそれを遥かに凌駕する軽快さで回ります。
しかも、POP(パーツが外れる)しにくい。

SCKは、軽くする為にバネを弱くすると、ちょっと無理な力をかけただけですぐにPOPしてしまう(ただのヘタクソ?)。
しかし、Guhongはそんなにユルユルにしなくてもクルクル回る上に、結構無理な回し方でもPOPしない。一回もしない。
あと、シールがメチャ丈夫。買って一ヶ月程経つが、色落ちや剥がれの兆候すら無い

Dayan Guhong マジオススメ

世界記録のFeliks君も使ってるっぽい?(似てるけど、D​a​Y​a​n​ ​Z​h​a​n​C​h​i​だそうです。コメントで教えていただきました)


いいことずくめだが、ちょっとした難点がある。
センターパーツの蓋にフックがなくて、回しているとだんだん浮いて来るので、たまに軽く押さえる必要があります
これはモノによると思うけどね
posted by お気楽 at 11:41| Comment(2) | TrackBack(0) | キューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。